2016-01-18(Mon)

TMPGEnc Video Mastering Works 6

そういえば TMPGEnc Video Mastering Works 6 にアップデートしていないことに気が付いた・・・
HEVCとかもうそろそろ実用に耐えないか調査が必要だ。

改めてアップデート情報を確認すると、特別優待終了しているじゃないか・・・まぁしょうがない。
20160118.png

取りあえず、体験版で運用に支障がない事を確認する事とする。

まず、ソースをBS11の深夜アニメに設定(30分枠)
・H.265/HEVC
・Main@Level4.1 - High tier
・1920x1080
・ピクセルアスペクト比1:1
・フレームレート:29.97fps
・プログレッシブ
・2パス
・VBR(平均ビットレート)
・平均ビットレート:4.5Mbps
・最大ビットレート:20Mbps
・パフォーマンス:標準

以上のほぼ標準設定で実施したところ、2時間以上の終了予定時間が・・・これは使い物になりません。

しょうがないので、設定で高速に処理する方法が無いかとテスト

・1パス
・パフォーマンス:UltraFast

と設定すると、00:32:12(43444フレーム) で終了しました。これなら何とか使えるかな・・・
しかし、プログレッシブしか選択できない・・・いろいろ調べるとpegasysのヘルプページに
H.265/HEVC は全てプログレッシブとなります。
との記述が・・・インタレースは対応していませんでした。( ̄д ̄) エー

地デジやBS放送がインタレース29.97fpsであるため、極力余計なフィルター処理で時間がかからない様に、H.264の時はインターレースを選択していたのだが、HEVCではプログレッシブ化を検討しなければならないようだな。
プログレッシブの29.97fpsでは、ソースより動解像度が劣る?ため、やはり59.94fpsが良いのだろうか?

先ほどのソースを
・H.265/HEVC
・Main@Level4.1 - High tier
・1920x1080
・ピクセルアスペクト比1:1
・フレームレート:59.94fps
・プログレッシブ
・1パス
・VBR(平均ビットレート)
・平均ビットレート:4.5Mbps
・最大ビットレート:20Mbps
・パフォーマンス:UltraFast

としてエンコードすると処理時間は00:46:43(86888フレーム)となった。
14分ほど処理が長くなってしまった・・・微妙・・・(´・ω・`)ショボーン
動画サイズは、フレームレートに関係なくほぼ同等のサイズでした。
まぁ時間軸方向の圧縮もかかっている為、インタレースは意味のない設定なのかもしれませんね。

実際の出来上がった動画を見ると、29.97fpsは文字等のスクロールの解像度が悪い。
59.94fpsのほうが明らかになめらかに見える。

プロフィール

yaman

Author:yaman

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
タグリスト

バイク 買い物 アキバ 秋葉原 写真 ゲーム アフィリエイト チャレンジツーリング パソコン バトルフィールド カメラ 漫画 株式投資 DTV  ダーツ 道の駅スタンプブック ロト7 バトルフィールド2142 Ubuntu 大戸屋 Linux PT2 プログラミング ハイウェイスタンプ 温泉 Git 飲み食い 書籍 アニメ SSTR Windows Ingress ラジオ会館 機械工作 日本酒 VMware バトルフィールド4 Javascript TortoiseGit LightWave  ホビー バトルフィールド3 YSP 日曜大工 仕事 Windows7 WHS GoogleMap ビリヤード 電子工作 Subversion PC CentOS ドネルケバブ 歯医者 晩飯 チャンダン PSP Chrome Windows10 動画エンコード 料理 THETA 酒造 月例ツーリング ロト6 コミケ ラーメン Windows8 CD バトルフィールド2 宝くじ Android OSM バトルフィールド・バッドカンパニー2 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
リンク
RSSフィード
コミックダッシュ