2015-12-21(Mon)

WorldWeatherOnlineを使用してみる

商用利用も可能らしいWorldWeatherOnlineを使用してみる。
コレも登録してAPPKeyを取得する必要がある。
日本語にも対応しているが、なんか怪しい日本語・・・
アイコンも提供されているが、無料で使えるアイコンはダサい・・・


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0,maximum-scale=2.0,user-scalable=yes">
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<script type="text/javascript">

var xhr = new XMLHttpRequest();
var api_key = '*******************************';

window.onload=function() {
doRequest();
};

function doRequest() {

xhr.open("GET" , "http://api.worldweatheronline.com/free/v2/weather.ashx?key="+api_key+"&q=shinagawa,japan&num_of_days=1&lang=ja&format=json", true);
// xhr.withCredentials = true;
xhr.onreadystatechange = xhrOnReadyStateChange;
xhr.send();
}

function onRecive() {

var test = JSON.parse(xhr.response);

if(test.data.current_condition.length == 0) return;

document.getElementById("tenki_img").src = test.data.current_condition[0].weatherIconUrl[0].value;
document.getElementById("text_area").innerHTML = test.data.current_condition[0].lang_ja[0].value;
}

function xhrOnReadyStateChange() {
switch(xhr.readyState){
case 4:
if(xhr.status == 200) onRecive();
break;
default:
break;
}
}


</script>

<title>WorldWeatherOnlineを使用するテスト</title>
</head>
<body>
<img src="" id="tenki_img" class="tenki_img" />
<span id="text_area"></span>

</body>
</html>




2015-12-21(Mon)

OpenWeatherMapを使ってみる

OpenWeatherMap(http://openweathermap.org/)を使用してJavascriptで天気情報を取得してみる。

上記のサイトから都市名等で天気情報を表示することができる。
これをAPIで取得する方法はヘルプのCall current weather data for one location に書いてあるとおり
http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Shinagawa-ku,JP

となる。コレをWebブラウザのアドレスに入れてアクセスすればレスポンスがあるはずであるが、実はこれだけではできない。
APIで天気情報を取得するためには上記のサイトで登録をしてAPIキーを取得する必要がある。

取得したAPIキーはヘルプのHow to use API key in API call に書かれているように
api.openweathermap.org/data/2.5/forecast/city?id=524901&APPID=1111111111

という感じで使用する。
以上を踏まえると
http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Shinagawa-ku,JP&APPID=hogehogehoge

というリクエストをブラウザから行えば、以下のようなレスポンスがあることがわかる。
{"coord":{"lon":139.73,"lat":35.61},"weather":[{"id":801,"main":"Clouds","description":"few clouds","icon":"02n"}],"base":"stations","main":{"temp":277.43,"pressure":1022,"humidity":35,"temp_min":273.15,"temp_max":279.82},"visibility":10000,"wind":{"speed":7.2,"deg":340},"clouds":{"all":20},"dt":1451259768,"sys":{"type":1,"id":7619,"message":0.0182,"country":"JP","sunrise":1451166563,"sunset":1451201714},"id":1852140,"name":"Shinagawa-ku","cod":200}

天気の情報は
weather[0].main と weather[0].descriptionにテキストで格納されているが、日本語表記ではないため日本語で表示したい場合は変換する必要がありそう。そのときはweather[0].id を見てテキストを割り振るしか無いでしょう。
天気種類(テーブル)は、ヘルプのWeather condition codes にすべて記載がある。
また、weather[0].icon に使用できるアイコン画像のファイル名が格納されている為、ヘルプのHow to get icon URL に記載があるURLで使用することができる。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0,maximum-scale=2.0,user-scalable=yes">
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<script type="text/javascript">

var xhr = new XMLHttpRequest();
var api_key = '*********************************';

window.onload=function() {
doRequest();
};

function doRequest() {
xhr.open("GET" , "http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Shinagawa-ku,JP&units=metric&appid="+api_key, true);
// xhr.withCredentials = true;
xhr.onreadystatechange = xhrOnReadyStateChange;
xhr.send();

}

function onRecive() {

var test = JSON.parse(xhr.response);

if(test.weather.length == 0) return;

document.getElementById("tenki_img").src = "http://openweathermap.org/img/w/" + test.weather[0].icon + ".png";

}

function xhrOnReadyStateChange() {
switch(xhr.readyState){
case 4: // XHR 通信が完了した
if(xhr.status == 200) onRecive();
break;
default:
break;
}
}
</script>

<title>OpenWeatherMapを使用するテスト</title>
</head>
<body>
<img src="http://openweathermap.org/img/w/01d.png" id="tenki_img" class="tenki_img" />
</body>
</html>

しかし・・・APIKeyが見えてしまうのでJavascriptでアクセスするのはちょっと使いづらいなぁ・・・

2015-11-13(Fri)

JavascriptでLINEのようなメッセージの表示を行う

JavascriptでDIV要素を動的に追加していけば、LINEのようなメッセージの表示ができるのではないかと考えてみた。

■ test.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<script type="text/javascript" src="test.js"></script>
<style type="text/css">

div#main {
border:solid 1px #000000;
background-color: #6f92c0;
padding:5pt;
width: 400px;
height: 700px;
overflow: auto;
}

div.message {
margin-left:auto;
margin-right:auto;
border:solid 1px #000000;
background-color: #85e249;
border-radius: 8px 8px 8px 8px / 8px 8px 8px 8px;
padding:3pt;
width: 300px;
}

</style>
<title>DIV要素を追加するテスト</title>
</head>
<body>
DIV要素を動的に追加していくテスト
<form name="input_form">
追加テキスト:<input type="text" name="text_data" value="">
<input type="button" value="追加" onClick="onAddData()">
<input type="button" value="全削除" onClick="onRemoveAllData()">
<input type="button" value="削除" onClick="onRemoveData()">
</form>

<div id="main">
<!--
<div class = "message">最初の行。この後(つまりid=mainのDIVタグの最後)にデータが追加されていくようにできないか?</div>
-->
</div>
</body>
</html>


■test.js

var message_max = 20; // 追加できるメッセージの最大数
var message_cnt = 0;

window.onload=function() {
console.log('onload.');

removeAllMessage(); // 最初に全削除。
}

function onAddData() {
console.log('onAddData()');

var txt = document.input_form.text_data.value;

addMessage(txt);

autoScroll(); // スムーススクロールする。
}

// すべてのメッセージを削除
function onRemoveAllData() {
console.log('onRemoveAllData()');

removeAllMessage();

}

function onRemoveData() {
console.log('onRemoveData()');

removeLastMessage();
}


function addMessage(txt) {
console.log('addMessage(txt='+txt+')');

if(message_cnt >= message_max) {
var main_ele = document.getElementById("main");
console.log('before scrollTop="+main_ele.scrollTop+", scrollHeight= ' + main_ele.scrollHeight);
removeFirstMessage();
console.log('after scrollTop="+main_ele.scrollTop+", scrollHeight= ' + main_ele.scrollHeight);
scr_pos = main_ele.scrollTop = main_ele.scrollHeight - main_ele.clientHeight - 1;
} else {
message_cnt++;
}

var ele = document.createElement("div"); // 新規に要素(タグ)を生成
ele.className = 'message';

ele.innerHTML = txt + "<B R>が追加されました。"; // こうすればタグも追加できる。

var main_ele = document.getElementById("main");
main_ele.appendChild(ele);

// <B R>を追加する。
ele = document.createElement("br");
main_ele.appendChild(ele);

}

// すべてのメッセージを削除
function removeAllMessage() {
console.log('removeAllMessage()');

var element = document.getElementById("main");

while (element.firstChild) {
element.removeChild(element.firstChild);
}
message_cnt = 0;
}

// 最後のメッセージを削除
function removeLastMessage() {
console.log('removeLastMessage()');

var element = document.getElementById("main");

if(element.lastChild) {
element.removeChild(element.lastChild);
element.removeChild(element.lastChild);
}
}

// 最初のメッセージを削除
function removeFirstMessage() {
console.log('removeFirstMessage()');

var element = document.getElementById("main");

if(element.firstChild) {
element.removeChild(element.firstChild);
element.removeChild(element.firstChild);
}
}

var scr_pos = 0;

// スムーススクロール
function autoScroll() {
console.log('autoScroll()');
var element = document.getElementById("main");

console.log('scrollTop= ' + element.scrollTop + ', scrollHeight= ' + element.scrollHeight + ', clientHeight= ' + element.clientHeight);

element.scrollTop = ++scr_pos;
if(scr_pos < element.scrollHeight - element.clientHeight) {
setTimeout( "autoScroll()", 1);
} else {
}
}


こんな感じ・・・
20151113_1.png

2015-04-02(Thu)

Visual Studio Community 2013 インストール

Visual Studio 2010 で .NET Framework 4.5を使ったC#のプロジェクトがビルドできないため、無料で使えると噂のVisual Studio Community 2013をインストールしてみた。
20150402_1.png

2014-12-04(Thu)

OpenLayersを使ってGoogleMapを表示する

test.html
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>OpenLayers Test (Google Maps V3)</title>
</head>
<script src="http://openlayers.org/api/OpenLayers.js"></script>
<script src="http://maps.google.co.jp/maps/api/js?v=3.5&sensor=false&language=ja"></script>
<script>
function init() {

var mapCenterLatLng = new OpenLayers.LonLat(139.553146, 35.336063); // Kamukura

var map = new OpenLayers.Map('map_google');

map.addControl( new OpenLayers.Control.LayerSwitcher() );

var gmap_terrain = new OpenLayers.Layer.Google(
"Google TERRAIN",
{type: google.maps.MapTypeId.TERRAIN}
);
var gmap = new OpenLayers.Layer.Google(
"Google ROADMAP", // the default
{numZoomLevels: 20}
);
var gmap_hybrid = new OpenLayers.Layer.Google(
"Google HYBRID",
{type: google.maps.MapTypeId.HYBRID, numZoomLevels: 20}
);
var gmap_satellite = new OpenLayers.Layer.Google(
"Google SATELLITE",
{type: google.maps.MapTypeId.SATELLITE, numZoomLevels: 22}
);

map.addLayers( [ gmap, gmap_terrain, gmap_hybrid, gmap_satellite] );

// Google.v3 uses EPSG:900913 as projection, so we have to
// transform our coordinates

var projection = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
var mapCenterGoogle = mapCenterLatLng.transform( projection, map.getProjectionObject() );

map.setCenter( mapCenterGoogle, 15 );
}

</script>
<style type="text/css">
#map_google {
width: 100%;
height: 480px;
border: solid 1px #999;
}

</style>

</head>

<body onload="init()">

<div id="map_google" ></div>
</body>
</html>
</body>
</html>

2014-12-04(Thu)

Google Maps JavaScript API V3でGoogleMapを表示する

test.html
<!DOCTYPE html "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive" />
<title>Google Maps サンプル</title>

<script src="http://maps.google.co.jp/maps/api/js?v=3.5&sensor=false&language=ja"></script>

<script type="text/javascript">
function initialize() {
var latlng = new google.maps.LatLng(35.709984,139.810703);
var opts = {
zoom: 15,
center: latlng,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};
var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map_canvas"), opts);
}
</script>

</head>
<body onload="initialize()">
<p>地図です。</p>

<div id="map_canvas" style="width:500px; height:300px"></div>

</body>
</html>
2014-12-02(Tue)

OpenLayersを使ってOSM(OpenStreetMap)を表示する

test.heml
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<!--
<link rel="stylesheet" href="test.css" type="text/css" >
<script type="text/javascript" src="test.js"></script>
-->
<script type="text/javascript" src="http://www.openlayers.org/api/OpenLayers.js"></script>
<script type="text/javascript">
function init() {
var map = new OpenLayers.Map("canvas");
var mapnik = new OpenLayers.Layer.OSM();
map.addLayer(mapnik);

var lonLat = new OpenLayers.LonLat(139.76, 35.68)
.transform(
new OpenLayers.Projection("EPSG:4326"),
new OpenLayers.Projection("EPSG:900913")
);
map.setCenter(lonLat, 15);
}
</script>
<title>OSMで地図を表示</title>
</head>
<body onload="init();">
<div id="canvas" style="width:500px; height:400px"></div>
</body>
</html>

test.css
#canvas .olControlAttribution {
font-size:13px;
bottom:3px;
}

こんな感じに表示されます。
osm20141202.png

2014-08-16(Sat)

【続】 Unity-Chan!を使ってみる

気を取り直して・・・

Unity-Chanのモデルについて何も考えずに「Assets」の中の「UnityChan」 - 「Prefabs」 の中の 「unitychan」をドラッグして追加したが、同じ場所にfor Locomotionというフォルダが存在する。
UnityChan_12.jpg
一旦、UnityChanを削除して再度for Locomotionの下のモデルをロードする。

「Assets」の中の「UnityChan」 - 「Prefabs」 - 「for Locomotion」 の中の 「unitychan_dynamic_locomotion」をドラッグして追加。
UnityChan_13.jpg
すでにInspectorのAnimator等の設定がされている模様。

そのまま、プレイボタンで動くようになった・・・

2014-08-15(Fri)

Unity-Chan!を使ってみる

Unityの公式キャラクター「Unity-Chan!」のデータを使ってみる。

「Unity-Chan!」の公式サイトからデータをダウンロード
unitypackage形式のユニティちゃん データ、バージョン1.2がダウンロードできた。

Unityには、MecanimというアニメーションシステムがあるらしいのでAsset StoreからMecanim Locomotion Starter Kitをダウンロードする。
※ Webブラウザで上記ページにアクセスし、「Unityで開く」ボタンを押すと、ログイン画面になるので、Unityで登録したメールアドレスとパスワードをセットしてもう一度「Unityで開く」ボタンを押すと「少々お待ちください」となるがいつまでたっても終了しない・・・
Unityからメニューの「Windows」-「Asset Store」を選択してMecanim Locomotion Starter Kitを検索してDownloadボタンを押す。しばらくすると以下のようなウインドウが開くので
Mecanim Locomotion Starter Kit_1jpg
「Import」ボタンを押す。
※ 終了したのかわからない・・・

上記ウインドウを閉じて、新しいプロジェクトを作成する。
「File」メニューから「New Project...」を選択すると、「Import the following packeges」の下のほうに「Mecanim Locomotion Starter Kit.unitypackage」というものができているはず。
UnityChan_1.jpg
プロジェクトフォルダの位置を入力し、それを選択して「Create」ボタン

少し待つと、以下のようなプロジェクトが開く。
UnityChan_2.jpg

Unityの「Assets」メニューから「Import Package」 - 「Custom Package...」を選択し、ダウンロードしたUnityChanパッケージファイルを選択しインポートする。
しばらくすると以下のようなウインドウが開くので「Import」ボタン。
UnityChan_3.jpg
作成されたプロジェクトフォルダ内のAssetsフォルダの下にUnityChanフォルダが作成されて展開される模様。

「床」を作る。
「Hierarchy」タブの下の「Create」から「Plane」を選択する。
UnityChan_4.jpg
※「GameObject」メニューの「Create Other」からでも追加出来る。

「Game」タブの左の「Scene」タブをクリックするとそれらしいビューになる。
UnityChan_5.jpg
※Planeを選択したり移動したり出来る模様。

「Project」タブの「Assers」の中の追加した「UnityChan」 - 「Prefabs」 の中の 「unitychan」をドラッグして追加する。
UnityChan_6.jpg

UnityChanのパッケージには専用のライティングオブジェクトがあるらしい。
UnityChan_7.jpg
「Project」タブの「Assers」の中の追加した「UnityChan」 - 「Prefabs」 の中の 「Directional light for UnityChan」をドラッグして追加する。

カメラとライトの向き等を調整して再生ボタンを押すとなんかそれらしいポージングをしたビューが出てくる。
UnityChan_8.jpg
Chang Motionでポーズを変えられる。

床のテクスチャを用意する。
Asset StoreでGround Textures Packをダウンロードする。

Ground Textures Pack は Planeにドラッグすると適用できるようだ。
UnityChan_9.jpg
細かい設定は今は考えない。

空のテクスチャを用意する。
「Assets」メニューの「Import Package」から「Skyboxes」を選択してImportする。
HierarchyのCameraを選択し、InspextorのAdd ComponentをクリックしRenderingからSkyboxを選択するし、追加されたSkyboxからCustom Skyboxで張りたいテクスチャを選ぶ。
UnityChan_10.jpg
Asset StoreでSky5X One等のテクスチャをダウンロードすると選択できるっぽい。

で、肝心のMecanimでUnityChanを動かす方法ですが・・・・。
Hierarchyのunitychanを選択し、InspectorのAnimatorのControllerをLocomotionに設定する。
UnityChan_11.jpg

また、キャラクター操作用のスクリプト「Add Component」の「Scripts」から「Locomotion Player」を選択する。
矢印キーでUnity-Chanを動かせるようになるはず・・・・だが動かん・・・

とりあえずここまで






2014-08-14(Thu)

Unityを使ってみる

Unityとかでゲーム作るの楽しそうなのでちょっといじってみた。

まずはUnityのインストール。Unityのサイトからダウンロードしてインストールする。
私はUnitySetup-4.5.3.exeをダウンロードすることができた。

最初に起動するとActivate your Unity licenseというライセンスの画面が出てくる。
UnityInstall1.jpg
Free版を使用するので、Activate the free version of Unityを選択。

Log into your Unity Account の画面になる。
UnityInstall2.jpg
アカウントを持っていないので新しくメールアドレスとパスワードを入力してCreate Account ボタンを押す。

Create a Unity Account 画面になるので
UnityInstall3.jpg
名前とメールアドレス、パスワード・・・ってさっきの画面でのパスワード等は必要なかったみたいですね・・・
を入力する。
パスワードは8文字以上、小文字大文字の混在、数字の混在と制限が多いので注意。

Log into your Unity Accountの画面に戻るが
UnityInstall4.jpg
登録したメールアドレスにメールが届いているはずなのでそれを確認する。

届いたメールの
UnityInstall5.jpg
「Confirm email」をクリックする。

Log into your Unity Accountの画面でパスワードを入力してログインする。
Answer a few questions の画面になるが
UnityInstall6.jpg
適当に答えてOKボタン。

完了したようなので
UnityInstall7.jpg
Start using Unityを選択して開始する。

Project Wizardのダイアログが開くので
UnityStart1.jpg
ここではデモプロジェクト(Angry Bots)を開くことにする。
Open Other...をクリックしてC:\Users\Public\Documents\Unity Projects\4-0_AngryBots フォルダを選択する。
※ Unityではプロジェクトのファイルというのは存在しない模様。Asset, Library, ProjectSettingsフォルダを含むプロジェクトフォルダを選択する。

プロジェクトがロードされると以下のような大きなウインドウが開く。
UnityStart4.jpg
Welcome To Unityを閉じて、中央上部の三角の再生ボタンを押すとゲームをすることができる。

あまり期待していなかったけど、こいつはすごい・・・

2011-10-21(Fri)

XPERIA ray (SO-03C) を購入したのでAndroid開発環境を新しく構築

XPERIA ray (SO-03C) を購入した。
Android 2.3なので、Android開発環境を新しくしてみる。

以下のページを参照してインストールする。
http://developer.android.com/sdk/installing.html

インストール手順によると、やはりJDKが必要なのでインストールする。
リンクから「Java SE 7u1」をダウンロード。
jdk-7u1-windows-i586.exeがダウンロードできた。

Eclipse が必要らしいのでダウンロードする。
"Eclipse Classic"バージョンがRecommendedらしいので“Eclipse Classic 3.7.1”をダウンロードした。
ここでは “eclipse-SDK-3.7.1-win32.zip” がダウンロードできた。
しかし・・・Java or RCPバージョンもRecommendedってなってるな・・・

Eclipseを適当なフォルダに解凍して、起動できる状態にする。
ここでは、C:\eclipse とした。

以下のページから新しいSDKをダウンロードしてインストールする。
http://developer.android.com/sdk/index.html
おれは、Windowsなので”android-sdk_r14-windows.zip” をダウンロードした。
インストーラのタイプがRecommendedだったが・・・まぁそこはそれ・・・

解凍すると、「android-sdk-windows」 というフォルダが出来るので、適当な場所に解凍する。
ここでは、C:\android-sdk-windows とした。

以下のページを参照して、Android Development Tools (ADT) plugin をインストールする。
http://developer.android.com/sdk/eclipse-adt.html#installing

Eclipseで [Help] - [Install New Software...] を選択。
[Add] を押して、プラグインの名称とURLを設定し、インストールを開始する。
ここでは、[Name] を 「ADT Plugin」、[Location] を 「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」にして[OK]ボタン。

「Check the items that you wish to install」で、Developer Toolsをチェックして[Next >]ボタン。
「Install Details」で[Next >]ボタン。
「Review Licenses」で「I accespt terms of the license agreements」を選択して[Finish]ボタン

途中で「Security Warning」というダイアログが出た。
「Warning: You are installing software that contains unsigned content. The authenticity or validity of this software cannot be established. Do you want to continue with the installation?」

とは言っても・・・しょうがない「OK」ボタンを押さないと先に進まんし・・・でインストールが完了するとEclipseの再起動を促される。

再起動すると以下のダイアログが出た。
20111021_1.png

最新のSDKで良いのでそのまま「Next >」ボタン
20111021_2.png

とりあえず・・・「No」で・・・「Finish」ボタン
20111021_2.png

「Install」ボタン
20111021_4.png

「Yes」ボタン

ADT Plugin のコンフィグレーション

Eclipseで [Window] - [Preferences] を選択。
ツリーの[Android]を選択。
[SDK Location] に 最初に解凍したSDKのパス(ここではC:\android-sdk-windows)を設定する。


2011-08-02(Tue)

Intel Media SDK 2.0 インストールしてみた

Intel Media SDK 2.0 インストールしてみた。
以下のページよりダウンロードできる。
http://software.intel.com/en-us/articles/media/

Microsoft Visual Studio 2010 Professional で以下に格納されているサンプルをビルド。
プロジェクトの変換を要求されるが、特に問題なくビルドできた。

つづきはまた・・・・



2006-02-25(Sat)

Visual Studio 2005 Professional Edition

秋葉原のヨドバシカメラで「Visual Studio 2005 Professional Edition アップグレード」購入。6万8千・・・・・高いなぁ・・・・

しかしソフマップでは64800円、通販で58000円程度なので、ヨドバシで購入して、たまったポイントで・・・・・
家でも使用している、FILCOのMajestouchキーボードを会社用に購入。
これで、糞ムカつくVAIOキーボードから開放される・・・(^_^;)
img131_.jpg

プロフィール

yaman

Author:yaman

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
タグリスト

バイク 買い物 アキバ 秋葉原 写真 ゲーム アフィリエイト パソコン バトルフィールド カメラ 漫画 チャレンジツーリング 株式投資 DTV  ダーツ ロト7 バトルフィールド2142 Linux 大戸屋 Ubuntu PT2 プログラミング 温泉 Git 飲み食い 書籍 アニメ SSTR Windows Ingress ラジオ会館 道の駅スタンプブック 機械工作 日本酒 Javascript VMware TortoiseGit バトルフィールド4 LightWave ホビー  バトルフィールド3 仕事 WHS 日曜大工 Windows7 電子工作 ビリヤード YSP CentOS GoogleMap Subversion PC ドネルケバブ PSP 晩飯 チャンダン 歯医者 Windows8 動画エンコード 料理 Windows10 THETA ロト6 酒造 コミケ ラーメン Chrome CD バトルフィールド2 宝くじ Android OSM バトルフィールド・バッドカンパニー2 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
リンク
RSSフィード
コミックダッシュ